ミニミニ♪アルバム

 ☆ 今のトコ、18種類の花が、
  入ってます♪

最近の記事
目次(もくじ)

見つけたい花、もしかしたら・・?
↓コチラ↓にあるかも・・?

google検索

Google

全ての記事を表示する
RSSフィード
FC2カウンター

☆ 祝!1万回アクセス達成 ☆

・・ブログ書いたりするときの・・
ぼく自身のも、含まれてるけど。
でもでも、見に来てくれて、
感謝・感謝の、ありがとう・・♪

次の目標、2万回アクセスです♪

ブロとも申請フォーム

2007年09月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. ミズキンバイに、とっても似てる・・♪ チョウジタデ(丁子蓼)(09/29)
  3. 何?アサガオ・・?(09/27)
  4. ゴイサギ(五位鷺)の☆オーラ☆を見た・・♪(09/26)
  5. 河川敷の桜、咲いたみたい・・♪ ジュウガツザクラ(十月桜)(09/22)
  6. ☆ほっ☆・・とするような、ピンク色の花・・♪ ハゼラン(09/20)
  7. マメアサガオ(豆朝顔)咲いた~・・♪(09/18)
  8. もう、種が出来てた・・。 スベリヒユ(09/16)
  9. カタイ硬いコンクリート護岸も、ナンのソノ・・♪ トキワハゼ(常盤ハゼ)(09/15)
  10. 河川敷で、最大級の葉っぱを誇る・・♪ サトイモ(里芋)(09/14)
  11. キツリフネ(黄釣船)に、再チャレンジ・・♪(クイズあり)(09/12)
  12. ココロは、小錦~・・♪ コニシキソウ(小錦草)(09/11)
  13. カワヂシャの、ちっこい白い花、みっけ・・♪(09/08)
  14. ミズキンバイ(水金梅) コンクリート護岸に生えてる・・♪(09/06)
  15. キツリフネ(黄釣船) みっけ・・♪(09/03)
  16. クズ(葛)の花に、似てるみたい・・♪ ムラサキナツフジ(紫夏藤)(09/02)



スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ミズキンバイに、とっても似てる・・♪ チョウジタデ(丁子蓼)

2007.09.29(23:25)
先日、河川敷で、
ミズキンバイにソックリチョウジタデ(丁子蓼)見つけました・・♪

同じアカバナ科なので・・当たり前でしょ。。っといわれると、
・・その通りなのですが・・
チョウジタデは、ちょうどミズキンバイの長男っといった感じ。

ミズキンバイ:おっきい黄花+ちょっとポチャ・・っとした丸い葉
        +背丈が低い(横に広がって伸びる)

チョウジタデ:ちいさな黄花+すぅーっと、切れ長の葉
        +背丈が高い(上に向かって伸びる)です。

こんな感じがします。

黄色い花が、非常に小さく(1cmほど)

チョウジダデ・黄色い小さな花

(以下の写真は、撮影が別の日です。)

こんな感じの場所に生えてました。
ココは、ジュズダマも、生えていて・・
生えてる場所の様子
すこし水が、染み出した感じの、ぬれてるトコ。
湿ったトコに、生えてます・・♪

チョウジダデ

今回は、ちょうど咲き始めの花が、ひとつのみ。。
チョウジダデ・黄色い花
前回は、咲いてるのが、ひとつのみ。。
撮影のタイミングが悪いのか・・?
ひとつの花にしか、出会えません。。


マッチ棒のような、青い実が、たくさんついてます。
チョウジダデ・青い実
ミズキンバイの実は、もっと、もっと太いです。

すぅー・・っと、切れ長の細い葉っぱ。
タデって、名前ついてるけど・・葉っぱには、黒いシミのような
模様は、入ってないみたい。
チョウジダデ・葉っぱ
ミズキンバイの葉っぱは、色などは、まったく同じですが、
もっと丸っこいです。

数的には・・チョウジタデ、ずいぶんと少ない感じです。

・・以下、あくまでも、推測ですが・・
植物の移動というものを、最近感じていまして、
いうなれば、『ドングリころころ理論・・♪』と申しましょうか・・
(詳細は、コチラ:別ブログになります。)

ココに植物が、今存在するということは、
きっと、川の上流など上のトコに、親になる植物がいて、
その実が、ころころ・・川などを下り・・
そして、環境が合ったトコで、芽をだし、生長するのでは・・♪
・・っという理論。


たとえば、山道などで、ふと、ちいさな植物をみつけると・・
その上を探してみますと・・必ず親になる植物がいるというもの。
とある、植物の好きな方に教わった、受け売りなのですが・・)

そんなこんな考えますと・・
植物の存在自体が、一面的だけでなく、
多角的と申しましょうか、
一筋の、流れ・移動・循環みたいなものが、見えてくるような気がするのです。

・・難しいことは、一切分かりませんが・・、
この一連の流れの中で、どこか?うまくいかないトコがあると・・
みどりが、少なくなっていくような気がします。

お金をかけて、植物を植えていくことも、大切ですが、
なんというか?川に、~さらさら~・・っと水が流れる姿のように、
自然の一連の流れを、大切にしていくことが、
重要な気がするのです。

だから、このチョウジタデの親は、
きっと、そんな上のトコから、種を送り出したのでは・・っと、
感じるわけです。

あとあと、言葉に表現して、伝えることは、とっても難しいです・・
でもでも、知識は足らずとも、持前の想像力と自らの言葉で語ることを心情に、
たまには、マジメ(・・?)に書いてみたいと感じる、そんな秋の夜長でした・・♪

・・長々・・っと、最後まで、目を通してくださり、
感謝・感謝の「ありがとう~・・♪」


スポンサーサイト

何?アサガオ・・?

2007.09.27(02:49)
河川敷では、遅咲きのアサガオが、開花し始めました・・♪
アメリカアサガオやら、マメアサガオやら、ホシアサガオやら。

コンクリート護岸を這い上がってます、このアサガオの葉を見たとき、
切れ込みがあるから、アメリカ・・かなぁ・・?っと思いましたが・・


何?アサガオ・・?



さてさて、何?アサガオ・・?



何?アサガオ・・?



正解は・・・・♪



赤紫色の花のホシアサガオ(星朝顔)でした・・♪



ホシアサガオ

テッキリ、ハートマークの葉っぱばかりかと思っていましたが、
切れ込みのある葉っぱのも、あるみたいです。

ホシアサガオ

アメリカ・・だと、もっと切れ込みがキツイというか・・
どちらかといえば、(トランプの)クローバーみたいな感じだし。
あと、毛が、花のガクにまで、モジャモジャ生えてるし。


今回のホシは、葉っぱも、蔓じたいも、無毛のツルツルでした。
花の色も、全体が紫色だし。
まだ時期が早いので、ぽつぽつ咲きだけど。

ハートマークの葉っぱを、見慣れていただけに、
すこしビックリしました。
ちなみに、こんな感じです。・・っと、
ご紹介のため、過去ログ見ていたら・・
去年の写真にも、切れ込みのあるものがありました。

ホシアサガオ

去年は、花ばかり見ていて、
肝心の葉っぱを、よく見ていなかったようです。
加えて・・今のイマまで、スッカリ、忘れてました。。

何はともあれ、いろんな葉っぱがあって、
アサガオって、とってもおもしろいです・・♪
今年は、似ているマメ・・も、見つけたし。
数は少ないけど、白い花が、何箇所か?目に付きました。

さてさて、来年も・・♪


ゴイサギ(五位鷺)の☆オーラ☆を見た・・♪

2007.09.26(03:23)
先日、多自然型の川にて・・
ゴイサギ(五位鷺)を、見かけました・・♪

・・去年、初めて見たときは・・
デジカメの電池ギレで、撮影できませんでした。。
ヒジョウに、ザンネンでした・・。


しかし、
今回は、買って・・まだまだ1ヶ月ソコソコ・・の、
おNewなデジカメでの挑戦・・!
1回の充電(新しい充電池)で、500枚も、撮れてます・・♪
けっこう、省電力みたい・・♪

(・・使い方にも、よると思うけど・・)

今回は、電池切れナシに、無事撮影完了しました。

さてさて・・
そのゴイサギを撮影していますと・・
おもしろい☆瞬間☆に、遭遇しました。

コレは、いたって普通の状態。

ゴイサギ



もうすぐ、☆オーラ☆が出ます・・♪



水面と、ゴイサギの姿に、ご注目。



☆オーラ☆が出たぁー・・!!!!!



↓目を大きく見開き・・!↓
ゴイサギのオーラ・・♪
 毛 羽が、逆立ってます・・!↑



・・しばらく、すると・・


普通の姿に、なりました。


そして・・またもや!・・!?


ゴイサギ沈黙。。



・・なんか?☆オーラ☆が、出そうな予感・・?



そして、またまた、出たぁー!!!!!



・・って、☆オーラ☆がぁー!!!!!



再び・・! ゴイサギのオーラ・・♪ 

さすがに、2回目ともなると・・
多少疲れが出たのか・・? パワーが落ちたのか・・?
水面の波紋、すくないみたい。。

こんな姿、初めて見ました・・♪

・・数が少なくて・・
・・あまり、見る機会、多くないけど・・
こんな鳥たちの姿を見ることができる多自然型の川って、

大好きなのです・・♪

あとあと・・
別ブログでも、ゴイサギのこと、ご紹介しています・・♪
『やっぱり、ゴイサギって、鷺の仲間だった・・♪』

河川敷の桜、咲いたみたい・・♪ ジュウガツザクラ(十月桜)

2007.09.22(23:29)
近所の桜の堤には、
ソメイヨシノ、オオシマザクラなどが、数多くありまして・・
その中に、ヨコハマヒザクラジュウガツザクラが、ひとつずつ、植えられています。

ジュウガツザクラ
上の写真の左側のが、ジュウガツザクラです。
(葉っぱが小さく、少ないです。)

先日見たときには、
枝の高いトコに、ぽつりポツリ・・咲いてるの、確認できました。

十月桜開花

ココとは、別の場所にある桜の開花は、以前、別ブログで、おつたえしました。
でも、ココのは、2年前から、ずっと観察しているだけに、
やっぱり、とってもうれしいです・・♪

見かけは、ちょっと弱々しい枝ぶりですが・・
それでも、来春まで、花が楽しめるわけで、
ソメイヨシノの豪快さや爛漫さとは、また違い、
・・秋が深まり、他の花や葉っぱが、茶色く枯れていく中に・・
うすピンク色の花の輝きが、増していくような桜なので、
そんなトコが、好きなんです・・♪


ジュウガツザクラ

モミジの葉っぱが、赤くなっても、
ススキの葉っぱが、枯れ果てても、
さらに、ソメイヨシノの葉っぱが、紅葉→落葉しても、
このサクラは、来年の春を目指して、ずっと、ずっと咲き続けるのです・・♪
まだまだ、ホンの咲き始めだけど。


☆ほっ☆・・とするような、ピンク色の花・・♪ ハゼラン

2007.09.20(18:44)
ぱっと見、アカバナ科のユウゲショウのような印象を受ける
河川敷で、ピンク色の花をつけてる、ハゼランです。

ハゼラン

こんな感じで、カタイ硬いコンクリート護岸を、
彩っています・・♪

ハゼラン

花の大きさは、こんな感じ。
よくよく観察してみますと・・
ユウゲショウよりも、ピンク色が薄く、花びらも、ちいさく、細長いです。

ピンク色の花

根元にある黄緑色した葉っぱから、するする・・っと、茎を伸ばし、
花をつけています。

ハゼラン

この葉っぱも、とっても☆印象的☆で、
一瞬!この葉っぱ、プラスチックで、出来ているのかも・・??
・・っというくらい、スベスベ+つるつるした葉っぱをしています。

ハゼラン

冷たいような・・寒々しい印象を受ける灰色のコンクリート護岸に、
うすピンク色の花が、ほんのちいさな華を添えている感じ・・♪

・・残暑厳しくても・・
やっぱり、なんですね~・・♪

マメアサガオ(豆朝顔)咲いた~・・♪

2007.09.18(05:19)
残暑が、キビシイですね・・。
こちらは、最高気温30℃ほどとはいえ・・。

そんななか、
河川敷で、ちいさい白い花を咲かすマメアサガオ(豆朝顔)見つけました・・♪
コヒルガオよりも、かなり小さいです。

マメアサガオ

いつも、お天道さまを見つめて、育っているので、
日の長さが、短くなってきたこと、分かるんですね・・♪
・・っということは、そろそろ、ホシアサガオも、咲くのかも・・?

マメアサガオ

早くも、青い種も、見つけました。
似ているホシに比べると・・
マメの方は、花の柄の部分が長く、
加えて、ホシのように、まとまって花をつけるのではなく、
ひとつひとつ、離れて、白い花をつけるようです。

あとあと・・茎が、非常に硬く、葉っぱにも、毛が生えていました。

マメアサガオ

葉っぱの形は、アメリカアサガオほどではないけど・・
すこし切れ込みが、あるような・・無いような・・そんな感じです。

去年は、見つけることが出来なかったので、
今年の☆発見☆は、とってもうれしいです・・♪
でもでも、完全に開いた花を、観察していないのが、
多少、ざんねんです。。

・・っといっても、
遅咲きアサガオの季節が、やってきたので、
あわてなくても、そのうち、キレイに開いた花、見ることできると思います。

もう、種が出来てた・・。 スベリヒユ

2007.09.16(02:05)
『河川敷の植物特集!』は、もうチョイ続けます・・♪

ざんねん・・。花が咲いてるの、観察しそびれました。。
すでに、ちいさな種が、出来てました。。
そんなスベリヒユです・・。

スベリヒユ

地をはうように、生えていまして・・
多肉系のムチムチした茎や葉っぱ、なんだか?魅力的です・・♪

スベリヒユ

お皿状のトコに、ちいさな黒い種が、たくさん、のっかっていました。
ヤマネコノメソウのような感じで、種が見えてます。

スベリヒユ

おなじ仲間のマツバボタンも、いっしょにアップしておきます・・♪
撮影は、8月下旬です。
マツバボタンは、おっきなピンク色の花、つけていますが、
スベリヒユは、黄色い花のようです。(まだ見たことない。。)

マツバボタン

やっぱり、こんな感じで、花の中にも、↑ちいさな花↑みたいの、あるのでしょうか・・?

マツバボタン

いろんな花の色があるポーチュラカを見たときは、
やっぱり、ちいさな花みたいなの、ありました。

だから、きっとあるはず・・!?

来年の夏、ゼッタイ観察したいです・・!

ところで、花の中にある、あのちいさな花みたいなの・・って、
?・・ナンなんだろう・・?
ふしぎです。

カタイ硬いコンクリート護岸も、ナンのソノ・・♪ トキワハゼ(常盤ハゼ)

2007.09.15(00:05)
以前ご紹介しましたカワヂシャと同じ場所、すぐそばに
生えていました。
そのカワヂシャの様子は、コチラです。

同じ仲間(ゴマノハグサ科)だから、一緒に、仲良く生えているのかも・・♪
そんなトキワハゼ(常盤ハゼ)です。

トキワハゼ

この時期、ぽっちゃ♪っとした白い花をつけていました。
茎がなんだか?ジグザグ・・ジグザグ・・延びていくみたいです。

トキワハゼ

トキワハゼ

白い花が、ぽとっ!・・っと落ちた後、
残っている☆星型☆のガグ+実も、おもしろい感じがします・・♪

花が終わったあとでも、さらに楽しめます。

あとあと・・
カワヂシャ同様、トキワハゼも、
乾燥高温、ときには、増水による水かぶりにも、強いようです。
(どんな植物にも、限界というものは、ありますが・・)

カタイ硬いコンクリート護岸の隙間という過酷な環境にも、
負けないチカラ強さが感じられます。
すごいね~・・♪

今年は、マメアサガオも見つけたし・・♪
まだまだ、『河川敷の植物特集!』は、続きます。

河川敷で、最大級の葉っぱを誇る・・♪ サトイモ(里芋)

2007.09.14(00:21)
場所は、川の中に、砂が堆積してできたトコ。

とってもリッパな葉っぱが、堂々として、
風格すら、感じられます。
これ以上の大きさの葉っぱをもつ、他の植物は、
近所の河川敷では、確認されておりません。(・・ぼくが・・)
そんな、おおきなサトイモ(里芋)です。

サトイモ

強い南風を受けて、バタバタ!・・っと、
大きな葉っぱを、はためかせていました。

サトイモ

サトイモ

サトイモ

コレって、やっぱり・・畑などから、
ころころ・・!っと、用水路へ落ち・・
ドンブラッコ、どんぶらっこ・・♪っと、
川を下ってきて、根付いたのかもしれません。

ココには、2つの大きな株がありました。
すごいね~・・♪

さてさて・・コレは、観葉植物のカラジュームです。
斑入りの葉っぱ、とってもキレイです。
こんなのは、河川敷には、ありませんが・・
以前撮ったのがあったので、アップします。

斑入りサトイモ
(6月撮影)
カラジューム

・・さてさてさて・・
同じサトイモ科のアモルフォファルス・ギガスが、
小石川植物園で開花した!っと、先日報じられていました。
もうひとつのブログで、紹介しております。

『カラスビシャクも、ビックリ♪ アモルフォファルス・ギガス開花』


大きいよ・・! 全長3.1mだって・・!

・・残念ではありますが・・
ウチの近所の河川敷に生えてますサトイモは・・

そのギガスには、負けました。。

あとあと・・
河川敷で、ついに、あの白い花を咲かすマメアサガオ、発見しました・・!

・・去年は、見つけられなかっただけに・・

とっても、うれしぃ~・・♪
真っ白な花、4つくらいと、2株生えてるの、確認できました。
見た目、ホシアサガオとは、ぜんぜん違いました。
花の咲き方など、まったくの☆別物☆・・!
蔓は、色が濃く、毛が生えていて、意外と、硬かったです。
今度撮影したら、ご紹介します。

キツリフネ(黄釣船)に、再チャレンジ・・♪(クイズあり)

2007.09.12(02:14)
『河川敷の植物特集!』が、3回ほど続きましたので、
このあたりで、すこし、ひとやすみ。

そんなわけで、
前回、うまく撮影できなかったキツリフネ(黄釣船)
別の公園で、再チャレンジしました。

ここには、いっぱい、咲いていました・・♪
まずは、アマガエルが出迎えてくれました。

アマガエル

さてさて・・ここで、?問題?です。
↓下の画像↓の中には、オンブバッタが、隠れています。
どこ?に、隠れているでしょうか・・?

キツリフネ+オンブバッタ


撮影したときには、まったく気付かず。。
画像を小さくするとき、気付きました・・♪


(ヒント:左上の方の葉っぱの上)


見つかったでしょうか・・?

オンブバッタ

おもしろいですね~・・♪
写真って、後から、気付くことも、あるんですね~・・♪


キツリフネって、こんな感じの花をつけてます。

キツリフネ

今回は、ぶら下がってる、黄色い花、撮ることができました。

キツリフネ

☆ぱかっ!☆っと、口をあけてる、魚みたいにも見えますし、

なんだか?とっても、コワイものにも、似てます・・。


~・・夏の夜・・ひゅる~ひゅる~音を立てて・・~、
@飛び回る@・・あの。。


キツリフネ


◎プラズマ◎みたいですね~・・♪
(ちなみに、ぼくは、大槻先生派です。)


ココロは、小錦~・・♪ コニシキソウ(小錦草)

2007.09.11(00:49)
前回の予告では、「ココロは、大錦~・・♪」っとなっていましたが・・
天候不良(風が強い)のため、全体像の写真が、ブレてしまい、
背丈のちいさいコニシキソウ(小錦草)にすることにしました。
ご了承願います。

さてさて・・
葉っぱの小さなコニシキソウは、河川敷に、
こんな感じで、もじょもじょ・・っと生えてます。

コニシキソウ

只今、コニシキ、オオニシキともに、
ちいさな白い花、咲かせています・・♪
すでに、丸い実もあるようです。

コニシキソウ


以下、大きさの比較です。
↓コレ↓ コニシキソウです。
地を這うように生えていて、茎に毛があります。

コニシキソウ

オオニシキソウの方は、こんな感じ。
葉っぱも大きく、シッカリした作りをしていますが、
河川敷という環境もあり、這うというより・・
倒れているっといった感じ。
あと、茎に毛がありません。

オオニシキソウ

コニシキソウ

さて、この他に似ているニシキソウはというと・・
もっか、探索中です。
近所にあることは、確かなようで、
今度、山のある公園に行ったとき、探してみようと思ってます。

今回、河川敷で、いろいろと観察していますが、
河川敷の環境を、またひとつ、理解することができました。

乾燥しやすい、日射による高温、川の水位の上昇などなどの他に、
「風が強い」ということも、過酷(特殊)な条件に加わるようです。
今回のオオニシキソウも、海からの南風を受けて、
倒れるように、生長しているような気がします。

またひとつ、賢くなったのかも・・♪


カワヂシャの、ちっこい白い花、みっけ・・♪

2007.09.08(09:28)
以前から、このちいさな植物が、あるのは、気付いていたのですが、
古いデジカメでは、あまりにも小さくて・・撮ることできず・・
今まで、ご紹介していませんでした。。

そのくらい、ちいさな花をつけるカワヂシャです。
全体の雰囲気は、シソの実っぽいです。
↓コレ↓風に吹かれ、散った花びら~♪

とっても、ちいさな花です・・♪

カタイ硬いコンクリート護岸の中でも、
・・あまり人の通らない場所、秘密の場所・・に、モジョモジョ・・生えてます。
背丈は、20cm弱程で、とても小さいです。

カワヂシャ

白い花

調べてみると・・花期は、・・らしいのですが・・
今は、夏~秋で、でも、白い花が、たくさん咲いてるわけで。
・・カワヂシャではない、別の植物の可能性も否定できないのですが、
思い切って、ブログ記事にすることにしました。
違っているようでしたら、ご指摘下さればと思います。

カワヂシャ

カワヂシャ

カタイ硬いコンクリート護岸の上に、わずかに水が染み出て・・
すこしコケなどが生えてるトコに、生えていまして、
けっこう過酷な条件でも、大丈夫なんだなぁ・・♪っと感じました。

・・とはいえ・・
少しずつ、数を減らしている準絶滅危惧種
幸いにして・・あまり人の通らないトコに、静かに生えてるので・・
観察のとき、踏んづけてしまわないよう、気をつけたいと思います。

・・あとあと・・
青紫色の花をつけ、よく似たオオカワヂシャという植物もあるらしく、
今度、河川敷をお散歩するとき、
すこし意識して、観察してみようと思ってます。
今のトコ、見かけたことないので、まだないのかも。
(わかんない)

・・さいごに・・
カタイ硬いコンクリート護岸という過酷な環境にも、生えているということは、
きっと、どこか?上流にも、本来の姿で、ひっそり・・っと、生えてるトコがあるはず。
まだ、あるかなぁ・・? こんど探してみます・・♪
でもでも・・川の中州は、最近、自然消滅?してしまったようだし・・。

そんなこんな・・いろんな思いを巡らせながら、
河川敷の植物との、たわむれは、つづくのです・・♪

次回は、ちっさいながらも、こころは☆大錦☆・・♪
オオニシキソウの予定です。
けっこう好評♪なようなので、『河川敷の植物特集!』まだまだ続きます・・♪
フィールドが近いので、けっこう得意分野なのです・・!?

あと、最後まで、目を通してくださり、ありがとう。


ミズキンバイ(水金梅) コンクリート護岸に生えてる・・♪

2007.09.06(11:42)
久しぶりに、河川敷をお散歩しまして。
この川、だたいま浚渫工事中です。

以前は、ヒメガマや菜の花などが、川の中州に生えていて、
季節感あふれ、桜の季節には、とっても絵になる川ではありましたが、
今は、あんまり。。

1本あったネムノキも、今はないみたい・・。
ミズキンバイ(水金梅)に関しては、キチンと保護して下さり
とっても、ありがたいことです・・♪

けどけど・・なんだか?とっても殺風景な川になったような気がします。。
まだまだ、工事中だし。

・・グーグルアースや、グーグルマップの航空写真で、流域を眺めてみると・・
川のなかに、中洲があり・・
湾曲部には、砂が積もり、いろんな植物が生え、緑々しています。

でも、これは、すでに過去のもの。
すこし、さびしいような、そして、モッタイナイような気もします。

でもでも、今現在、すこしずつ、回復しているようです。
ちょっと硬いけど・・。
コンクリート護岸に、芽を出し、茎を伸ばすミズキンバイ、見つけました・・♪

ミズキンバイ

↓蕾↓もあって、もうすぐ、黄色い花、咲くね~・・♪

ミズキンバイ

別のトコにも、モジョモジョ・・っと、生えてるトコ、見つけました。

ミズキンバイ

ミズキンバイ

親指の爪ほどの、ちいさな、小さな株ですが、
堅いコンクリート護岸を、うがつ☆チカラ♪☆を秘めているような気がするのです。

ミズキンバイ

まだまだ、小さい株だけど、
10年かなぁ・・? 20年かなぁ・・?
もうチョイ、早いかも・・?
よくわかんないけど・・
いろんな植物が、流域を彩る、川に生長していくと思います。
なぜなら、川も、生きているから。

都市部を流れる川なので、仕方が無いのかもしれない反面、
多自然型の川づくりが、もっと増えていくといいです。
花や草木を基にして、虫が集まり、魚が集まり、鳥が集まり・・
そして、最終目標には、こどもたちや大人たちが、集まる川に。

・・すこし長くなってしまいましたが、
最後まで、読んでくださり、ありがとう・・♪

次回は、この川でみつけた、カワヂシャの予定です。
ちいさな白い花が、いっぱい咲いていて、とってもキレイでした・・♪
いろんな植物を、見つけたので、そのご紹介を企画しています。



キツリフネ(黄釣船) みっけ・・♪

2007.09.03(23:19)
・・以前から、このキツリフネ(黄釣船)の黄色い花が、あったの・・
・・気付いていたのですが・・

すこし薄暗い・・水辺にあるだけに・・
さらに、黄色い花が、ぽつぽつ・・しか、咲かないみたい。
さらにさらに、リッパなクモの巣が、そばにあって、
近くまで接近できず。(クモが、怖いからではありません。)

・・っというわけで、けっこう、撮りづらいのです。。

以前使ってたデジカメでは、ブレてしまい・・。
今回、この前買ったデジカメにて、挑戦してみました。

キツリフネ

↓コレ↓って、赤ちゃんキツリフネ・・♪
キツリフネ

やっとこさ、1枚、いいかんじで撮れたのですが・・
ざんねん・・。
ぶらさがって咲いてる花が、完全に、後ろ向き・・。

キツリフネ

なんとなく、花の雰囲気は、伝わるかとは思いますが・・

・・っというわけで・・
次回、再々チャレンジしてみます・・♪
なかなか、うまくいかないみたいです。

でもでも、種が飛び散って、数が増えていくようなので、
今年ダメでも、また来年・・♪ また再来年・・♪
少しずつでも、増えていくと・・
もっと、もっと、撮影しやすくなるかと思います。

それまで、気長に、待ってます・・♪
増えていく様子を観察するのも、これまた、楽しいものです。


クズ(葛)の花に、似てるみたい・・♪ ムラサキナツフジ(紫夏藤)

2007.09.02(09:54)
先日、・・とある公園に行ったとき、
すぅー・・っと、尾を引く飛行機雲、みつけました・・♪

飛行機雲

なんだか・・いいこと、ありそう・・♪
「初めてみる植物に、であえそう」
そんな、わくわく感のなか、☆公園散策の開始☆です。

さてさて・・
そんななか、見つけたムラサキナツフジ(紫夏藤)です。

ムラサキナツフジ

下に垂れ下がるのではなく、
途中から、@くるん@っと曲がり、先っちょは、上を向いてます。

ムラサキナツフジ

ちなみに、ふつうに、どこにでも咲いてる葛の花は、↓これ↓
大きな3枚の葉っぱが、あります。

クズの花

花の雰囲気が、とっても、似てます。
葉っぱを、見比べる前までは、
「藤棚に咲く、葛の花も、いいもんだ・・!?」などと、
思いっきり!勘違いしてました。。

実

すでに花もおわり・・実がなってるのも、ありました。

実

大きさは、いんげん豆みたいな感じで、
ふつうの藤の実よりも、ちいさいです。

葉っぱを見ると・・
ふつうの藤に、ソックリです。

ムラサキナツフジ

でもでも・・なんとなく・・違う感じ。
ふつうの藤は、葉っぱが、ピラピラ・・っと、波打ってるような。
今回のムラサキナツフジは、シュン!とした、波打ってない葉っぱです。
たまたまなのかもしれませんが。

・・いろんな藤がありますが・・
緑色した葉っぱの趣きも、楽しめるので、
藤って、好きです・・♪





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。